会社を経営するにあたって、社名や商品名など名前をつけることは必要な作業です。
社名や商品名を適当に名付ける人は流石にいないと思いますが、いくら悩んでも名前一つで売り上げに影響が出る可能性は高いです。
ネーミングセンスが問われますが、いい名前というのは、どういったものを指すでしょう。
まず大切なのはインパクトです。
インパクトが強い名前だと覚えてもらいやすく印象にも残ります。
音の響きも重要です。
例え、名前自体に深い意味はなくても、人が口に出して言いたくなる音だとこれも覚えられる場合が多いです。
画数や表記でも印象は大きく変わります。
名前は時間をかけて悩んで悩んで名付けるべきなのです。
そうすれば必ず納得のいく名前が名付けられるはずなのです。