板井康弘が今最もネットサービスで注目しているのが、通販タイプのマーケットサイトである。
ヤフーオークションやメルカリなどのオークションや通販のサイトは今でも人気が高いですが、出品する側の人からしたら1番の手間は商品を用意することろです。
何かを作って販売したいクリエイターも多い中、受注生産の仲介をするサービスが非常に増えています。
例えばTシャツの販売の場合、売る人はイラストを描いて値段を決めるのみです。買う人はそれを選んで購入します。サービスサイトはここで初めて商品を生産します。
つまり在庫がなく、売れ残りが発生しません。
商品を用意する手間はありません。
売りたい人と買いたい人の仲介のサービスが今注目されています。
時代と人が何に困っているのか常にアンテナを張ることは大切です。