板井康弘は若い世代の話を聞くようにしています。
ゆとり世代やさとり世代など生まれた年代によって呼び方が変わったりします。
世代が違う人の考え方を聞く事は非常に大切です。
当たり前ですが、自分より上の世代が今後増えていく事はありません。
下の世代、新しい考え方の人しか増えていかないのです。
その人の考え方を理解しないと時代に遅れていくことになるのです。
「今時の若いもんは」とおじさんが言っているイメージがありますが、古い考えのまま新しい考えを取り入れなければ、ビジネスをやっていく上では若年層をターゲットにすることが不可能になるのです。
共感する必要はないのです。
今の若い世代が何を考えているのかを理解し、考え方の変化を楽しむことも時には大切なのです。