仕事のために生活があるわけではなく、生活のために仕事がある、という考えを徹底しよう。

現代社会では、朝早くから夜遅くまで仕事をして、家に帰ったら寝るだけという生活を送っている社会人は多いと聞く。
しかし、ではそもそも何のために働いているのか。
生活をするためにお金を稼がなくてはいけない、そのために働いているのである。
なのになぜ、その本来の目的である生活が疎かになってしまうのか。

この状況を打開する一つの手段として、趣味を持つことをお勧めしたい。
趣味を持つことによって生活に楽しみが生まれ、仕事生活から脱却できるからだ。
いくら仕事が忙しくても、趣味を作ることによって、時間を有効に使うようになり、仕事にかける割合を減らせることだろう。

趣味を持ち生活を充実させることはストレス解消にも繋がり、結果的に仕事に関しても有益なものになるのだ。