一昔前までの学歴社会が終わりを告げようとしている。
その代わりに最近では、スキルや個性を重んじる社会へとどんどん変化していっている。

つい最近までは、右ならえの姿勢が褒められ、他人と違う行動をとると制される世の中であった。
しかし、今ではそのような無個性な人材は有能とは認められずらい風潮になっているのだ。

つまり、これからは他人とは違う個性やスキル、特技を持った人材が社会では求められるということになるのだ。

だが、急に特技を持てと言われてもなかなかそうはいかないのが現実であろう。
そこで、自分の特性を見つめ直し、もともと持っている特徴を特技に昇華させる方法をお勧めする。

何事にも向き不向きがある。
自分に合った方法で特技やスキルを身につけるべきである。